旅するスタッフブログ

2014年6月の記事一覧

南紀白浜アドベンチャーワールドへ

2014年6月30日(月曜日)

小学生の時、おじいちゃんに連れて行ってもらって以来のアドベンチャーワールド☆特急くろしおに乗って、初めて電車に酔った記憶が( ̄▽ ̄;) 

今回は、車で行ってきましたo(^o^)o

アドベンチャーの前に白浜と言えば三段壁☆足がすくむ(・・;)))

DSC_0150 

そして、千畳敷☆荒波に浸食されたまさに岩の畳です☆眺めは、サイコー♪(^o^)/

DSC_0162

そして、メインのアドベンチャーワールドへ☆

DSC_0186

入口には、こんな可愛いレッサーパンダがお出迎え(*^^*)

IMG_20140611_091701

なんて顔で見つめるの~o(^-^o)(o^-^)o可愛すぎるぅ~o(^-^o)(o^-^)o

まずは、イルカのショーからo(^o^)o

DSC_0202

DSC_0224

飛ぶよねー(゜ロ゜)跳ねるよねー(゜ロ゜)

DSC_000001_2

お兄さんも一緒にジャンプー☆☆

DSC_0211

飛びすぎ(笑)( ̄▽ ̄;)

でも迫力あります☆お兄さんお姉さんイルカに乗ってサーフィンしたり、イルカとシンクロしたりo(^o^)oカッコいいーo(^-^o)(o^-^)o

DSC_0222

 

DSC_000001_1

 

シッポで立ち泳ぎ(O.O;)(oo;)前に進んだりバックしたり、自由自在(O.O;)(oo;)スゴいの一言☆

別の場所では、アシカのショーや他では見れないアヒルなどが登場するお笑い!?ショーがo(^o^)o

2014-06-14-12-36-56_deco

DSC_0285 

アヒル(笑)

DSC_0284

イノブタ!?(笑) この子達、特に芸はありませんが、笑いを取るのが上手(^-^)♪

そして、もう1つのメイン☆サファリ☆

DSC_0251

専用バスに乗ってレッツゴー!!(^o^)/

DSC_0247

DSC_0238

暑すぎて猛獣も日陰でダラダラ(笑)( ̄▽ ̄;)確かに暑いけれども(笑)( ̄▽ ̄;)

IMG_20140617_230851

えっ(((・・;)あんなとこにボス!?思わず2度見してしまいました(O.O;)(oo;)探して見て下さい☆スッポリ入ってますよね~(笑)( ̄▽ ̄;)

自分で運転するカートでも☆自転車でのサイクリングでも☆歩くウォーキングサファリでも見学できます(^o^)/間近で見る猛獣は迫力ありますょー(☆-☆)

猛獣だけでなく、可愛い赤ちゃんも♪♪

 2014-06-18-12-46-36_deco

今年産まれたライオンの赤ちゃん♪飼育員さん、ガブッ☆とよく噛まれるらしい( ̄▽ ̄;)

2014-06-18-09-29-57_deco

去年産まれたシロクマの赤ちゃん(^o^)/外には出てませんでしたが、この日ちょうど生後200日目でした(*^^*)

 2014-06-18-09-29-29_deco

後ろ姿も可愛ぃ~o(^-^o)(o^-^)o

そしてアドベンチャーワールドと言えば、パンダ♪♪o(^-^o)(o^-^)o

2014-06-18-12-37-32_deco

いないなぁーい☆

2014-06-18-12-36-48_deco

ばぁー(笑)( ̄ー ̄)

しっかりカメラ目線です☆ぬいぐるみみたいです(^-^)♪

他にも、ジェットコースターや屋根付きの全天候型遊園地もあって、雨の日でも楽しめます(^-^)♪

DSC_0279

 

アチョー(゜0゜)なんて出てきたのがシロクマさん(^o^)/

いろんな動物に餌やりも体験できます☆シロクマにも☆

DSC_0277

シロクマが潜って食べてる様子が見れますョ(^o^)/

色んな動物達に会えます♪そして触れあえます♪一緒に写真も撮れます♪

これから、暑い暑い夏☆真っ白でサラサラな砂浜の白良浜へ泳ぎに♪そしてアドベンチャーワールドへ行って動物達に癒されてみませんか?(^-^)♪

 

アドベンチャーワールドへ行くなら♪

aws

 

投稿店舗:アル・プラザ長浜営業所

秘境 祖谷温泉への旅

2014年6月26日(木曜日)

iya1

日本三大秘境といわれる祖谷にある祖谷温泉へ行ってきました♪

「祖谷温泉」と聞き、それがどこにあるかお分かりの方はかなりの温泉通かと思います。

JR阿波池田駅からバスで約50分、徳島県三好市にあります。

iya2

私たちは、電車とバスでここに来たので、定期観光バスに乗りました♪

JR阿波池田駅を発着点に、大歩危峡舟下り、ラピス大歩危、平家屋敷民族資料館、

かずら橋、祖谷渓谷の小便小僧など盛りだくさんのコースです。

山道なので運転に自信のない方にも定期観光バスはおすすめです♪

iya4 iya5

祖谷の名物、断崖絶壁にたたずむ「小便小僧」

いちばん難所といわれる七曲にあり、谷底まで200mの高さがあるらしいです。

旅人が岩の上に立ち、度胸ためしをしたという由来から「小便小僧」の名称がつけられたそうです。

大歩危峡舟下りをしたりと、山深き祖谷の自然の雄大さと厳しさを体感しました。

iya7 iya8

シラクチカズラ(重さ約5トン)で作られた橋で、長さ45m・幅2m・水面上14m。

見た目よりも足元に隙間が空いていて予想以上のスリルでした。

昔は深山渓谷地帯の唯一に交通施設であったらしい。

iya9 iya10

さて今回のメインイベント!

ホテル祖谷温泉の名物☆ケーブルカーで降りていく温泉へ

ここの温泉は100%源泉かけ流しでふわりと身体が包まれるようなかんじのやわらか~い

ぬるぬるしたお湯 (〃∇〃v)ィェィ♪

しかし、入ったときはほど良い温度と感じたのですが、

谷底を吹き抜ける風と目の前の川のおかげでちょっと寒い(o´_`o)ハァ・・・

かれこれ30分くらい入っていたら不思議と身体の中がポカポカ!!

そういえば受付で「ぬるいので30分くらい入ってください」言われてたっけ。

湯上りも夕暮れ時で気温が下がっていましたが、身体はいつまでもポカポカしていました。

温泉のあるべき姿ですね!!

 

祖谷温泉へ行くなら♪

iya11

 

投稿店舗:ビバシティ平和堂営業所

「しまかぜ」に乗ってきました!

2014年6月23日(月曜日)

shima1

近鉄観光特急「しまかぜ」に乗車してきました!

平成25年3月に誕生した「しまかぜ」はなかなか席が取れないんですが、

運よく予約が取れたので、宇治山田~鶴橋駅間を乗車してきました。

shima2

今回乗車したプレミアムシートは「プレミアム」という言葉がつくだけに

快適さを追求していると実感。

本革シートで座席の前後の間もゆったりしていて、

リラクゼーション機能もついてます。

その他、グループ旅行に嬉しい個室・サロン席もあります。

shima3

コインロッカーも設置してあるので、大きなお荷物の

お客様には便利です。

鍵もついているので安心です。

shima4

今回は、鳥羽駅に停車していたのでゆっくり撮影できました。

shima5

乗車すると「記念乗車証」がもらえます。

旅行の記念になりますね。

ぜひ、伊勢志摩方面への旅行には「しまかぜ」をおすすめします!

 

「しまかぜ」に乗って伊勢志摩へ行くなら♪

iseshima

 

 

 

 

 

 

 

投稿店舗:アル・プラザ茨木営業所

“星野リゾートトマム”3Days

2014年6月19日(木曜日)

広~~~い北海道。

 

移動行程中に宿泊するのが主流になってますが、
今回は星野リゾートトマムに6月、

2連泊しました。

そう。雲海を見るのが目的です!

5月中旬から10月中旬までがシーズンです。

 

【行程】
①新千歳空港→占冠→新富良野プリンスホテル森の時計→ファーム富田→富良野リゾートオリカ(車窓)→フラノ寶亭留(車窓)→砂利道峠→トマム…
②3:45起床 雲海テラス→十勝千年の森(セグウェイガイドツアー2時間)→芽室→トマム
③3:45起床 雲海テラス→星野リゾートトマム撮影大会→夕張→新千歳空港

 

まず向かったのは新富良野プリンスホテル、

ここには素敵な喫茶‘森の時計’があります。

Camera 360 Camera 360

窓が額縁のようで緑が絵のようで…

香り豊かなコーヒータイム。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ツアーのコースでもよく目にする‘ファーム富田’へ。

シーズンの中間期でしたが、

ラベンダーも咲いていました。

花のじゅうたんはまだ土が見えてる状態で…

Camera 360 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

奥の方の残雪がある山の風景はこの時期ならではです。

Camera 360 Camera 360

お隣にある‘とみたメロンハウス’

1371132418218

ファーム富田でラベンダーソフトを食べているうちに閉店…

17:00で閉店なのね。メロン食べたかった…

 

富良野リゾートオリカとフラノ寶亭留を車窓見学し、

宿泊先のトマムまでナビをセット。

ルート確認せずに薄暗くなってきた頃出発!

が、痛い目にあった。

暗く車1台分しか通れないような砂利道を長いこと走るハメに。

近道かどうかもわからなかったけど、エゾシカに会えたし~♪

 

おかげでホテル到着は20:00過ぎ。

ホテルに着くと…

「チェックインデスカ~」と中国人スタッフ。

中国人、タイ人の宿泊客が多く日本にいるのに違う国に来たみたいな感じ~。

 

夕食は数あるお店の中からラーメンを選びました。

Camera 360

森に囲まれた木林の湯に入り就寝。

 

2日目の朝は3:45起床

客室のTVで雲海状況をチェック!

「現在雲海が発生しています」

ヤッターヾ(*´∀`*)ノ

 

早速、防寒着をまといシャトルバスに乗りゴンドラ乗り場へ。

Camera 360 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ゴンドラに乗っているとジワジワ雲海が現れ、

思い描いていた雲海がそこにはありました~

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この日の雲海は“太平洋産雲海”だったそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA Camera 360

ゴンドラの乗車券はポストカードとして、

無料で雲海テラスから送れます。

Camera 360

雲海をじゅうぶんに楽しんだ後は朝食。

写真はないけど、種類も豊富で美味しいバイキングでした。

 

‘十勝千年の森’へ!

9:00ぐらいからやってるんかと思ったけど、

10:00からでした(笑)

1時間ほど周囲を車でブラブラするも、

な~んにもない…。北海道らしくて良かった。

 

ここではセグウェイを2時間楽しみました…♪*゚

2時間もセグウェイできるのは他ではない。

セグウェイはクセになりますよ!

1371132615339 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

この日のお昼は十勝の新ご当地グルメを求め、

コーンの収穫量日本一の芽室に向かいました。

芽室なんて観光で来る人は少ないであろう…。

コーン炒飯

Camera 360

十勝豚丼

Camera 360

コーンアイス

Camera 360

 

どれも美味し~…♪*゚

 

ホテルに戻り、旅中なのに贅沢にお昼寝したら、

夕御飯のお時間(笑)

北海道で食べるお寿司は美味し~…♪*゚

Camera 360

 

このホテルには私の好きな建築家、

安藤忠雄氏の水の教会があり見学できる日だったので喜んで見に行きました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA Camera 360

 

ホテルの温水プール、ミナミナビーチ☆

1371132626796

 

3日目の朝も3:45起床

Camera 360 Camera 360

この日の雲海は控え目だったので早々に撤収。

朝食後、星野リゾートトマム撮影会をしチェックアウト。

1371132695036

 

空港まで行く途中、

メロンが食べたい一心で夕張に寄りましたが、

時期外れで気軽に食べられる夕張メロンはありませんでした…(-“-)

Camera 360

終了。

 

トマムは星も綺麗なところですが、

雲海が見れるときは星が見れない、

星が見れるときは雲海が見れない。

 

私は雲海また見たい

 

トマム(北海道)へ行くなら♪

hokkaido

投稿店舗:アル・プラザ野洲営業所

淡路島 灘黒岩水仙郷

2014年6月16日(月曜日)

淡路島の灘黒岩水仙郷に行ってきました♪

私が行った時間(昼過ぎ)は水仙郷の駐車場手前1kmくらいから車列が連なり、駐車場に入るのに1時間くらい。
それでも、水仙の甘い香りに包まれまがら、青い空、青い海、山の緑に、水仙の白い花とそれはそれは最高に素敵でした キャッ゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚キャッ!

awaji01 awaji02

ここ、灘黒岩水仙郷は例年12月下旬から2月下旬にかけて500万本もの野生の水仙が生息しています。
●入場料 大人500円 小人300円(小・中学生)
●営業時間 午前9時~午後5時
●駐車場 有り(無料)
※開花の状況は天候等により日々変化しているので、行く前に灘黒岩水仙郷(Tel0799-56-0720)お問合わせくださいね♪

awaji03 awaji04

余談ですが、水仙の花言葉はなにか、ご存じですか???

「うぬぼれ」・「自己愛」 だって(O ̄▽ ̄O)

ギリシア神話で、美少年ナルシッサスが 水面に映るわが姿に見とれ、そのまま花になってしまったのが水仙だという。 そこで、英名は narsissus☆
自分の美貌に酔いしれる人をナルシストと呼ぶのもここから来ているらしいですよ!! 豆知識でした☆

 

淡路島へ行くなら♪

awajishima

投稿店舗:ビバシティ平和堂営業所

おかげ年 おかげ犬と伊勢の旅

2014年6月12日(木曜日)

式年遷宮の翌年はおかげ年!

参拝に行くと例年以上のご利益があるといわれます。

と、云う訳で約1年振りに伊勢神宮へ「おかげ参り」に行ってきました。

ise1 ise2

旅のお供に御朱印帳(写真左:東京大神宮、右:伊勢神宮の物)

去年と今年の伊勢神宮・内宮の御朱印。

 

「おかげ犬」って何?

と、思われた方もいらっしゃると思うので、諸説色々とありますが「おかげ犬」の説明を簡単に。

伊勢に行きたくても、行けないご主人の代わりに、おかげ参りをしたとされるのが「おかげ犬」です。

「おかげ犬」には注連縄やお金が付けられ、道中の旅人、街道の人々に支えられながら、

無事におかげ参りを成し遂げたと伝えられています。

ise3 ise4

おはらい町・おかげ横丁には「おかげ犬」が沢山。

(写真左は伊勢木綿を使用して作られたおかげ犬)

犬好きなので、おかげ犬Goodsに出逢うのも今回の旅の目的のひとつ。

古来からのならわしに従い、外宮→内宮の順で参拝。

ise5 ise6

外宮参道、100年前の姿を残すレトロな木造三層楼な旅館「山田館」

伊勢地方独特のしめ縄(伊勢では、しめ縄を一年中飾っておくのが一般的だそうです。)

 

「外宮」

豊受大御神(とようけおおみかみ)は、衣食住をはじめすべての産業の守り神としてあがめられています。

ise16 ise17 ise18

「三つ石」は、式年遷宮の時、お祓いをする場所で、この石の上に手をかざすと

温もりを感じるパワースポットでも有名のようです。

外宮前からバスに揺られ内宮へ。

 

「内宮」

天照大御神(あまてらすおおみかみ)は、皇室の御祖先の神で、日本人の総氏神ともいわれています。

ise19 ise20 ise21

宇治橋を渡り、五十鈴川の流れと木々の緑が美しく清廉とした気配に包まれます。

ise9

遷宮を終え新しくなった内宮

駆け抜ける風が、真新しい桧の香りを運びます。

式年遷宮で建て替えられた古い社殿の木材は再利用され、

内宮の宇治橋の両側に立つ鳥居をはじめ、全国の神社のお社などとして新たに生まれ変わり無駄なく活用されます。

 

参拝を終えて「おはらい町」「おかげ横丁」で楽しい食べ歩き。

ise10 ise11

有名な「赤福」に有名な「コロッケ」

五十鈴川を臨むカフェでゆっくりするのもおススメ。

ise22 ise23 ise24

可愛い「おかげ犬」のお御籤達は大人気です。

 

おかげ横丁から徒歩で「猿田彦神社」へ。

ise13 ise14

「みちひらき」の神様とされる猿田彦大神と

猿田彦大神の妻・天宇受賣命をご祭神の「佐留女神社」が祀られています。

また、境内の真ん中に「古殿地(こでんち)」という方角を刻んだ石柱があり、

この文字盤の文字に手のひらを当てて祈願すると、願い事が叶うといわれています。

 

再び、バスで「外宮」へ移動! 目指すは「せんぐう館」

訪れた時は、勾玉池に咲き誇る燕子花が綺麗でした。

ise25 ise26 ise27

館内には、20年に一度天照大神に新しい社殿にお遷りを願う「式年遷宮」

で使用した御装束神宝の製作工程や外宮正殿の原寸模型が展示されていて、

これまでとは違った視点で伊勢神宮の歴史や神道を感じる事が出来ました。

初めて訪れる人には「縁」や「幸運」をつかみとる力

再び訪れる人には新たな人生にご加護を

と、云われるお伊勢参り

この「おかげ年」に神様に祈願してみてはいかがでしょうか。

 

伊勢にいくなら♪

ise

投稿店舗:アル・プラザ富山営業所

12