旅するスタッフブログ

2014年5月の記事一覧

おもちゃ王国東条湖ランドへ

2014年5月29日(木曜日)

DSC_0995

兵庫県にある、おもちゃ王国東条湖ランドへ行ってきました(^o^ )/ おもちゃ大好き~♪おもちゃ王国♪なんて頭の中で歌いながら(^o^;) 兵庫東条湖インターから、10分弱で行けます(^o^)/インターから近い!!のが嬉しい♪      

2014-05-12-10-28-00_deco 2014-05-12-10-48-48_deco

これ☆全部レゴブロックで出来てます☆思わず間近で見てしまいました(@_@) 一体何個使ってるんだろー(((・・;)

まずは、去年出来た関西初!世界最大級の5階建てのお城型巨大迷路に挑戦!簡単コースと難しいコースに分かれます。とりあえず簡単な方で(^o^;)甥っ子に必死でついて行きながら、階段を登ったり降りたり、扉開かなかったり戻ったり(笑)(^o^;)意外と難しかった(笑)(^o^;)

1399813792313

屋外の乗り物は、観覧車やゴーカート、わく☆わくコースター、サイクルモノレールなど、約20種類の乗り物があって、小さいお子さんから利用できるので家族みんなで楽しめます♪

この日は、雨がパラパラ降ったりやんだり…でも、大丈夫!!ここは、冷暖房完備の室内で遊べるおもちゃのお部屋が9館あります☆

DSC_1012

2014-05-12-11-54-02_deco

 

男の子大好き♪トミカ・プラレールのお部屋☆こんなの家にあったら…って子供の夢☆

1399796477639

電車でGo!のゲームもあります。1人10分☆タイマーを押して次の人に交代☆順番守って遊びましょう☆

DSC_1011

 

DSC_1015

 

女の子は、シルバニアファミリーにリカちゃんハウス♪♪ここも、自由に遊べるので、姪っ子は夢中(笑)(^o^;)リカちゃん☆懐かしい~(^O^)なんて思ってたら、こんなレアなリカちゃん(((・・;)XーJAPANのYOSHIKIとのコラボ…ちょっと怖いよーな気が(笑)( ̄▽ ̄;)

2014-05-12-12-19-34_deco

DSC_1018

ここでしか見れないレアなリカちゃん達が、展示されてます☆

その他にも、ままごとハウス、木のおもちゃ館、ダイヤブロックランドなど、子供が大好きなおもちゃがいっぱい☆\(^o^)/ 

閉園の時間だし、そろそろ帰ろーということで、出口を探していると…トイズスタジアム&出口(笑)(((・・;)トイズスタジアムには、お土産はもちろん子供が大好きなトミカ、仮面ライダー、リカちゃん…などなど(笑)あちこちで、買ってぇ~♪と子供達がグズって泣いてる声が(笑)( ̄▽ ̄;)ここを通らないと出られません(笑)( ̄▽ ̄;)ある意味、巨大迷路より出るのが難しいかも(笑)( ̄▽ ̄;) 

夏は、プールもあります☆小さいお子さんから低学年のお子さん向けの遊園地です☆出口を通過する為に、ぜひ3世代で(笑)o(^o^)o

 

東条湖おもちゃ王国へ行くなら♪

omocya

投稿店舗:アル・プラザ長浜営業所

晩春京都 舞妓体験旅

2014年5月26日(月曜日)

葉桜が美しい京都へ1泊2日で行ってきました。

今回の旅の目標は京の奥座敷・貴船神社

「都をどり」「鴨川をどり」の季節だからこそ!

憧れの舞妓さんになってみよう(n’∀’)η

そんな野望を胸に早朝の京都駅に降り立ちました。

 

まずは京都駅から市バスで出町柳へGO!

出町柳からは叡山電車を利用して貴船口へ。

江ノ電に似たレトロな可愛い列車が住宅街を抜け新緑のトンネルをトコトコ走ります。

kyoto1 kyoto2

貴船口へ到着!ここからバスで貴船まで。

(徒歩の場合、貴船神社までは約2km・30分の道のりです)

水面に舞い散った桜の淡いピンクの花びらが浮かび綺麗。

kyoto3 kyoto4

夏の間、川床で有名な料理屋さんの間を清流を眺めながら歩くと貴船神社・本宮に到着。

kyoto9 kyoto6

身を清め、本宮にお参りした後は「水占みくじ」に挑戦!

社務所で授与されています。

通常時は番号が見えないため、重ねて置いてあるおみくじの中から好きなものを一枚選んで…いざ勝負!

kyoto7 kyoto8

「凶」…嗚呼(´;ω;`)

浮かび上がった文字は無情にも「凶」

凶→今日→京 今日、京都に来たから”きょう”

そう、無理に発想をポジティブに変換して奥宮へ。

澄んだ空気と水・奥宮の境内に咲く椿がとても美しさが心に残ります。

帰りは貴船口から京都バスで国際会館前へ行き地下鉄烏丸線を利用して四条で下車。

お目当ての木屋町にあるレトロな喫茶店「ソワレ」へ。

このお店は京都のガイドブックには必ず載っていると言っても過言ではないぐらい有名な喫茶店です。

青い照明に彩られた薄暗い店内は東郷青児氏の絵画と池野禎春氏の木彫画が飾られ独特な空間。

レンタルのお着物に着替えた観光客の女子達に紛れ、レトロなモダンガール気分でオーダーしたのは有名な「ゼリーポンチ」

kyoto10

シュワシュワと弾ける炭酸の中にカラフルなゼリーが涼やか。

今から60年以上前、戦後間もない頃を想像しながら口にしました。

 

明けて2日目。嵐山&念願の舞妓体験へ。

ドキドキしながら舞妓さんに変身させてくれるお店へ。

利用したお店は自分の髪と鬘をなじませる半カツラを使用。

すっぽり全てを覆う全カツラタイプのお店より少しヘアメイクに時間を要します。

最初に襦袢に着替え髪をアップに、下地を塗り顔と首・胸元と背中に白粉を塗ります。

鏡に映るその姿はまるで「犬神家の一族」のスケキヨ

とっても…怖いんですけど大丈夫(´;ω;`)?

不安になりながらもどんどんメイクは進みます。

紅を差し、アイメイクを施しカツラをセット、いよいよ着付け。

この時点でかなり重たいんですが…ここからが重さ本番。

好きな着物を選びどんどん身体に帯や襟が巻き付けられて行きます。

着付けをして頂きながら、あれこれ質問。

舞妓体験は修学旅行生から20~30代の女性、小さな子供と母親の組み合わせが多いそうです。

また、最近は「還暦の記念」をはじめ、50代・60代の女性同士の旅の記念に体験される方も多いとの事でした。

出来上がった舞妓(偽)がこちら。

スケキヨ感は少し薄まったと…思いたい所です。

kyoto11

メアメイク・着付け・撮影からアルバム完成まで約2時間半、記念になる珍しい体験が出来ました。

修学旅行生と外国人観光客で溢れる嵐山を散策、作家・池波正太郎氏が愛した「老松」のティールームへ。

初夏を感じさせてくれる「夏柑糖」、そして外せない「わらびもち」

kyoto12 kyoto13

竹林を抜け、野宮神社を参拝し、この旅の最終目的地へ。

トロッコ嵐山駅の程近くにある「御髪神社」日本で唯一の頭髪の神社へ参拝。

kyoto14kyoto15

小さな境内に飾られた絵馬には美容関係の方にまじり頭皮に関する切実な願いが書かれた絵馬まで。

 

困った時のカミダノミ?

髪の神様に祈り、今回の京都の旅は終了。

素敵な神様にご縁を祈りつつ、帰路へ付きました。

 

北陸から京都へ行くなら♪

kyoto16

投稿店舗:アル・プラザ富山営業所

旅ゆけば~息子と2人の北陸旅

2014年5月23日(金曜日)

GWのある日、息子が1人で赴任先の金沢へ泊まりに来る事になった。

さてどこに連れて行こうかなと思い…???

まずは砺波のチュ-リップ祭へ

DSC_1142 DSC_1154

DSC_1149 DSC_1135

600品種250万本のチュ-リップ

なかなかの迫力でした。
ただ小2の息子にはあまり伝わらなかったかな…

 

続いて万葉線トラム

高岡駅前から越ノ潟まで12.9㌔を約47分で結んでいる第三セクタ-方式の鉄道会社。
2003年から6編成製造されたMLRV1000型アイトラム、
車内は100%低床車であり全く段差のない車内です。
2012年9月に富山県高岡市出身の藤子・F・不二雄の代表作ドラえもんの生誕100年前にあたるので、
一編成をドラえもん電車としてリニュ-アルをしたのがこの電車 タッタタ~♪

 

ドラえもんでんしゃ~

DSC_1256 DSC_1228

DSC_1238 DSC_1247

DSC_1233 DSC_1229

車内はドラえもんのペイントや秘密道具、
扉はやっぱりどこでもドアでした(笑)
検査等でお休みしている場合もあるので、事前に万葉線HPでチェックして下さいね

高岡から越ノ潟まで片道350円です。
万葉線1日乗車券も800円で発売されています。

 

続いて小松まで移動
土居原ボンネット広場へ

DSC_1268

白山→急行能登→はくたか などで使用されていた国鉄型車両489-501号車両が
展示されていました。

昨年に金沢松任工場から、こちらの公園に輸送され余生を送られています。

DSC_1263 DSC_1260

昔と変わらない車内へ

車内は土日祝やGW・夏休みに無料で公開されています。
管理費300円を払って運転席へ(運転席に上がるには300円が必要です。)帽子も借りられ気分は運転士!
ちなみに金沢方面小松駅発車後、進行方向左高架下に展示されている姿を車内から見る事もできます。

 

JRの高架を潜って こまつの社へ

ここでは げんき里山・わくわくコマツ館・930Eダンプトラックの展示などがあります。
なかでもこの930Eダンプトラックには圧倒されます。車高は約7メ-トル タイヤだけでも約4メ-トルあります。

DSC_1273

日本に1台だけの展示です。

10時30分~11時と15時30分~16時の時間のみ運転席の公開もしています。

 

最後にサイエンスヒルズこまつ

DSC_1280 DSC_1275

日本最大級 立体視映像システムを取り入れたド-ム型3Dシアタ-や、ものづくりの原理と科学の原理を融合して体験展示物 ワンダ-ランドなど いろいろな体験が出来る施設でした。

今回は2日に分けて駆け巡りましたが、乗り物が好きな父と子の2人でのお出掛け、
誰にも文句を言われず(笑)息子も堪能できました。
以上長々とお付き合いいただきましてありがとうございました。

投稿店舗:アル・プラザ金沢営業所

淡路島「ホテルニューアワジ ヴィラ楽園」の宙の庭

2014年5月21日(水曜日)

awaji01_2 awaji02_2

今回の旅は、とにかく美味しいものを食べてのんびりする事。
お部屋は、全室スィートタイプと言うこともあり和室+ツイン+ダイニング+テラス付露天風呂というかなり広めのお部屋。お部屋からも大浴場からも壮大な海が広がり最高(^0_0^)
カップル・ファミリーにおすすめな宿でした

淡路島へ行くなら♪

awajishima

投稿店舗:アル・プラザ草津営業所

レンタカーを使わない“石垣島2Days”

2014年5月19日(月曜日)

離島はやっぱりレンタカーがないとね・・・

でも、運転できないし・・・

と言う方にオススメ!

 

レンタカーを使わない

石垣島の旅をしてきました。

 

IMAG2205

まず、石垣空港から中心地の石垣バスターミナルまでは路線バスを利用しました。

所要時間は約30分。

 

石垣バスターミナルに到着後、

荷物を置きに宿泊先の「ベッセルホテル石垣島」へ。

IMAG2286 IMAG2285

リーズナブルな室料のわりには広く、

お風呂と洗面台がセパレートになっていて使い勝手が良かったです。

 

荷物を置いた後、

徒歩で離島ターミナルへ。

人気のある西表島や由布島には行ったことがあったので、

ハートアイランドと呼ばれている黒島に行くことにしました。

IMAG2206

船の所要時間は30分。

船の揺れですが、この日は少しだけですが揺れました。

 

IMAG2209

島一周12kmぐらいなので、

レンタバイクもあったけどレンタサイクルの方を利用!

港近くに何軒かあります。

IMAG2270

訪れたのは黒島牛まつりの翌日。

IMAG2207  IMAG2214

このおまつりは毎年、

抽選で牛が一頭あたるイベントもあり今年は内地の方が当たったそうです。

 

人がいない・・・

IMAG2254 IMAG2216

 

まずは、黒島のことが何でもわかる黒島研究所へ。

IMAG2218 IMAG2219

牛の数は人口の倍以上です☆

サメの餌やりができたり、カメとお話しできたり~

IMAG2222  IMAG2228

なまこさわりたい放題のなまこラグーン~

IMAG2236  IMAG2231

物販もちょっと変わったものが・・・

IMAG2220  IMAG2240

種子島の宇宙センターから打ち上げられたロケットの破片も~

IMAG2221

パラダイスでした…♪*゚

 

海の透明度は高く、泳いでるキレイな魚がすぐに見られます。

2月下旬でもあたたかく泳げますよ~(^-^)/

IMAG2249

黒島の代表的な観光地、伊古桟橋。

青い海に向かっている桟橋は果てしなく見えますが約350mです。

IMAG2264  IMAG2266

とにかく海がキレイで、

のどかさに心奪われました。

 

夕方の船で石垣島に戻り、

黒島で出会った仲間とスーパーに買い出しに。

もやしつめ放題は内地では見かけないですね・・・

IMAG2273

もやし買いました。

島の食材を使った鍋にすることにしました!

IMAG2275

暮らすように旅がしたい私にとって、

願ったり叶ったりの星空の下で夕食。

 

翌日は石垣バスターミナルから9:30発の、

‘島唄と三線を聞きながらまわる定期観光バス’に乗車しました。

これに乗れば石垣空港下車もあるので便利です。

この日は看板ガイドさんでした(^-^)

IMAG2302

 

①唐人墓

IMAG2287

②川平湾  ※グラスボートはオプション

IMAG2292

③ポーザおばさんの食卓(昼食)

ポーザとは八重山の方言で料理人とか厨房を仕切る人という意味らしい。

自家牧場直送のお肉で作ったハンバーグです。

IMAG2294 IMAG2297

④米原のヤシ原生林

ここで、さとうきびジュースを飲みました。

塩を加えると甘味が増すのでひとつまみ入れた方がいいですよ!

IMAG2299 IMAG2298 IMAG2300

⑤玉取崎展望台

IMAG2305 IMAG2310

石垣空港で下車し帰路へ。

 

レンタカーで自分が好きな所へ行くのも良いけれど、

定期観光バスで自分の判断では行かないようなところへ連れて行ってもらい説明を聞けるのも良いですよ。

 

島時間に合わせてゆっくりしたい所でしたが2日間の離島滞在でした!(^^)!

 

石垣島へ行くなら♪

ishigaki

 

投稿店舗:アル・プラザ野洲営業所

春うらら 女性に嬉しい山中温泉の旅

2014年5月15日(木曜日)

俳聖芭蕉をはじめ、古くから多くの文人墨客たちが訪れた山中温泉へ行ってきました。

富山から北陸自動車道で約2時間、大阪からは高速道路を利用し約3時間・JRならサンダーバード

利用で約2時間10分の距離にあります。

利用したのは鶴仙渓を望む「吉祥やまなか」

本格的なエステが楽しめる女性に嬉しいおもてなし満載の宿は女子旅にぴったり。

今回は室内にお庭がある露天風呂付(温泉)のお部屋に宿泊。

yama01yama02

yama03yama04

色浴衣を選び、風情あふれる山中の温泉街の散策へ。

まず最初に、「森光子一座記念館」へ。

舞台「放浪記」で実際に使用された衣装や小道具・楽屋ののれんが展示されています。

「放浪記」の楽屋を再現した展示には、多くの芸能人による寄せ書きが壁にかけられ、

あの有名な某アイドルの直筆サインがはいった加湿器が置かれており、それを目当てに

訪れる若い女性も多いとのことでした。

山中座・足湯を抜け鶴仙渓にかかる「あやとり橋」へ。

この橋は草月流家元の勅使河原宏氏が「鶴仙渓を活ける」というコンセプトのもとで

デザインしたユニークなS字型の橋、美しい紅紫色が木々の緑に映えます。

「あやとり橋」を渡り鶴仙渓の遊歩道を散策しながら「こおろぎ橋」へ。

総ひのき造りの「こおろぎ橋」は四季を彩るその風情に日本の情緒が伝わってくる

山中温泉を代表する名勝地です。

yama05 yama06

約1時間30分の散策終了後は嬉しいアフタヌーンティヽ(^。^)ノ

「吉祥やまなか」では15:00~16:30の間、シェフが目の前で焼き上げるふわふわ

のパンケーキのサービスがあり、温泉街散策後に美味しいデザートが味わえます。

yama07 yama08

石川県ならではの五郎島金時芋(さつまいも)のディップと珍しい酒粕入りの生クリーム

がとっても美味しかったです。

優雅なティータイムのあとは温泉へ。

大浴場は男女入れ替え制で「白鷺の湯」と「菊の湯」の2か所。

貸切風呂はそれぞれ趣の異なる3か所があります。

露天風呂を利用する際、湯浴み用の巻きタオルが用意されており女性に嬉しい心遣いです。

湯上りに嬉しいトコロテンやビール1杯。

小腹が空いた方向けのお夜食には、お蕎麦に稲荷寿司等のサービスが用意されており、至れり尽くせり!

宿泊した日には、ビールと共に卵を寒天で固めた金沢の郷土料理「ベロベロ(別名:えびす)」

が提供されていました。

夕食はシェフが目の前で調理してくれる鉄板焼きをチョイス!

加賀野菜の金時草(きんじそう)や能登伝統野菜・中島菜を使ったお料理が並びます。

そして、メインはやっぱりコレ!

和牛ステーキヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノ

鉄板焼きと言えばイリュージョン(←違)

目の前で華麗フランベ!火柱が上がります。

yama09yama10

デザートまで美味しく食べ終えた後に嬉しい宿からのおもてなし。

宿泊日が誕生日だったので、かわいいクマが描かれたケーキプレートとドリンク、そして

記念写真のサービスが。

スタッフはもちろん、他のお客様にも祝っていただき素敵なディナーとなりました。

yama11

夕食後は再び温泉、そしてエステへ!

加賀温泉エリア最大の本格エステで心も身体もピカピカ。

20分のクイックからメニューがあり、用途に合わせて利用できるのも魅力。

(混雑が予想されるので事前予約がおススメです。)

 

・・・食べてばっかり?

すっかり心も身体も磨かれ満たされた1泊2日の旅でした。

 

 

 

投稿店舗:アル・プラザ富山営業所

12