旅するスタッフブログ

わくわく関空探検ツアー☆

2018年6月11日(月曜日)

関西空港と言えば、旅行行く時にしかあんまり行かないかもしれませんが・・実は、色んなイベントもやってるので、旅行に行かなくても楽しめるんです

今回は、わくわく関空見学プラン。『新・関空の裏側探検コース』のツアーに参加してきました場所は、関空から無料のシャトルバスで数分移動。関空展望ホールsky viewから出発です。土日祝日、1日3回各定員50名。毎月1日に翌月末までのWeb予約をされています。当日枠もありますので空きがあれば、早い者勝ちで参加できます。1人500円60分のツアーです。(3歳未満の方はバスの座席が必要なければ無料です)予約をされた方は、出発の15分前までに受付をしなければいけませんので、ご注意ください。

バスの座席は決まっています。ガイドさんが前で説明やクイズを出しながら関空の裏側を案内して下さいます。普段入ることができない立ち入り禁止区域にバスが入っていきます。

DSC_1395

貨物地区。空輸される荷物を出荷するとこですね。

DSC_1398

飛行機の燃料が入った、燃料タンク。大きいです。

DSC_1406

KIXメガソーラー。太陽光発電ですね。ここまでは車窓です。

第2ターミナル、バスを降りての見学。展望台からの見学です。展望台へ入るにも、頑丈にかけられてるカギをガイドさんが外してしか入れません。ここで初めてバスを降ります。この日は風が強く・・寒かったー

DSC_1403

DSC_1408

同じキャセイパシフィック航空のロゴが入っている機体ですが・・この2つの機体違う所があります。どこかわかりますか答えは後ほど。

DSC_1405

色んな会社の航空機がどんどん着陸してきます。 その日の風向きなどによって、バスを降りる所が変わるらしく、1回参加した人もまた楽しめるようです。

先ほどの答えですが・・

旅客機と貨物機でしたよーく見ると、貨物機には窓がついてないんですねー。

ガイドさんのお話を聞いて、へぇ~って思うことがたくさんありました中身を話してしまうとツアーの楽しみが減るので、詳しくは言えません(笑)

1時間のツアーを終え、関空展望ホールsky viewへ。ここからもよく見えます。子供が遊ぶスペースもありますので、滑り台などで遊びながら飛行機を見ることもできます

DSC_1425

DSC_1424

DSC_1422

DSC_1429

ここのレストランには、機内食が食べれるレストランがあります。ビジネスクラスの機内食も食べられますよ。

DSC_1430

子供から大人まで楽しめるツアーです。夏休みの社会見学に行かれてみてはいかがでしょうか

 

投稿店舗:アル・プラザ長浜営業所

広島お好み焼き体験♪

2018年6月4日(月曜日)

広島県にある、おたふくソースの本社隣にあるWood eggお好み焼き館へ行ってきました

まずは広島お好み焼き体験から。本格鉄板焼で作るお好み焼き体験。

DSC_1102

DSC_1097

関西で作るお好み焼きと違って、小麦粉の生地を先に薄く広げその上にキャベツ、もやし、ネギ、だし粉、天かす、麺、豚肉をのせ焼いていきます。生地を上からかけたら、ひっくり返して蒸し焼きにし、火が通ったら好きなソースとマヨネーズを塗って出来上がり作り方を目の前で教えて下さるので誰でもできます。

DSC_1099

おたふくさんですから、ソースはいっぱいあります(笑)近所のスーパーであまり見かけないものもありました。

DSC_1096

ヘラも女子向けに小さめのヘラまで(笑)

出来上がりはその場でアツアツを試食。自分で作った出来立ては美味しいですね

お腹がいっぱいになったあとは、おこのミュージアムの見学へ。

DSC_1104

おたくふソースの中には色んな物が入ってるんですねー

DSC_1105

昔のお好み焼き屋さんを再現。お店というより普通の家の中にある感じです。目の前で焼いてもらって食べるとお皿も要らず洗い物する手間も省けたそうです。

DSC_1108

昔は移動式のこんなお好み焼きの屋台があったそうです。そして、なんと広島には、お好み焼きの宅配があるそうです

18-04-22-12-43-18-905_deco

昔は、瓶入りのソースだったみたいですお土産で持って帰るのも大変だったみたいです。

このあと、工場見学もあり、ソースをボトルに詰めたあと、ケースに詰め込み出荷までを見学できました。

お好み焼き店を目指してる方には、お好み焼きの作り方を教えてくれる講座もあるみたいです。

広島と言えば原爆ドーム。

DSC_1114

何度見ても、心が痛みます戦争のない平和な世界でありますように・・。

広島へ行かれたらぜひ、お好み焼きの食べ比べ、お好み焼き体験もしてみて下さい

投稿店舗:アル・プラザ長浜営業所

バンコク観光名所めぐり パート4(終)

2018年5月28日(月曜日)

最終日の今日は、ピンクの象ガネーシャに会いたくて。

バンコク近郊チャチュンサオ県にある仏教寺院、ワット・サマーンラッタナーラームへ。
最終日だって行きたい行程を妥協はしません。

実はバンコク在住時は、朝6時起き。
専用車をホテル前に7時発で頼んでいました。
どうりで4日目にしてどっと疲れが・・・・(汗

p8

 

さぁ、到着。
このピンクの象は、ヒンドゥー教の神・ガネーシャです。

p3  p1

 

仏教寺院にもかかわらず、ヒンドゥー教の神様を祀っているのはなんとも奇妙な感じがしますが、タイ仏教は、ヒンドゥー教が少しミックスされている特殊性があるそうで、タイでは特別珍しいことではないそうです。

ガネーシャはヒンドゥー教の神の一柱で、障害を取り去り、
財産をもたらすと言われ、商業の神・学問の神とあがめられています。
日本でも「夢をかなえるゾウ」の神様としても人気になりましたよね?!

ガネーシャ様のまわりには7色のネズミの像があります。
自分が生まれた曜日の色のネズミを見つけたら
持っている袋にお賽銭を入れてこっそりと願い事を伝えます。

ネズミはガネーシャの使いだから、願いを届けてくれるんだって~

 

月:黄色
火:ピンク
水:緑
木:オレンジ
金:青
土:紫
日:赤

私は、水曜日生まれなので、緑ネズミにお願いしました☆

p9  p2
願い事をする時、気をつけないといけないのが、反対側の耳を必ず塞ぐこと。
願い事が逃げちゃわないよう!

いやぁ~楽しい。

そしてその後は、バンコクの動物園(サファリワールド マリンパーク)へ行きました。
サファリワールドをバス、自分の車に乗って一周してから、マリンパークに歩いて入ります。

まず、サファリワールド。

タイ語がわからなくても楽しめます(笑

si1  si2

 

日本の動物園とは比べものにならないほど広大。
そして、自然の中で動物たちが暮らす様子を垣間見ることができるオープンズー形式になっているのが最大の魅力。

si4  si3

 

車に乗って園内を周遊すると、ライオンやトラ、キリン、シマウマ、ダチョウ、ラクダ、白サイ、インパラ、鹿、オリックスなどの珍しい動物たちが窓の外に次々と現れます。まるで、アフリカのサバンナに紛れ込んだような気分~♪

si5

 

そしてマリンパーク。

ちょうど、エレファントショーがやっている最中との事で、もうダッシュ!

すっごく広くて。
10分?くらい走ってようやくたどり着く。ちょうどショーが終わったトコでした(笑

 

ショーの後は、象と触れ合える時間らしい。
昨日さんざん乗ったので、いいやってもちろん思ったんですが、

!?

乗りたい。

ジャーン。

si6  p01

 

ここに来たら乗れますよ~
象さん、少しかわいそうですが…

以上、バンコク4日間の旅でした。皆様もこんな旅行、いかがでしょうか。

投稿店舗:ビバシティ平和堂営業所