旅するスタッフブログ

女子旅ドバイ☆ パート2

2019年1月21日(月曜日)

移動は、便利なタクシーで。
見えてきましたよー!
『バージュ・カリファ』!
砂漠の花、スパイダーフラワーをモチーフに作られた高層ビル♬
建設中は「バージュドバイ」って呼ばれていたらしいんですけど、
ドバイショック等で建設が危ぶまれた時に、アブダビの王様(カリファさん)が
お金を援助したから、名前が変わったんだってー!(※ハージュとは塔って意味)
アブダビの王様って、金持ち~

d1

 

到着。近くでみると写真におさまりきらない高さでした。
全長なんと828メートルです。
東京タワーが333メートル、スカイツリーが634メートルなんで、その高さが伝わるでしょうか。

d2  d3

 

しばらくすると噴水のショーが始まりました。
アラブ音楽と共にまるで噴水がダンスをするようでした。
1回につき5分程度ですが、一見の価値アリです!

そして私たちは時間の都合上、バージュ・カリファには登りませんでしたが、
チケットは必ず出発前に予約していくことをおススメします。
当日券を購入すると高いのと、売り切れが多いそうです。

d4  d5

 

さぁ、そして目の前のドバイ・モールへ。
モールの中には大きな水槽があり、世界一大きな一枚ガラス(日本製)です!
ギネスに載っているみたいです。
巨大水槽の水族館を無料で開放しているなんて、さすがお金持ちの国。

d6  d7

 

有料になりますが、この水槽の中でダイビングできたり、トンネルくぐる事もできます♪

d8  d9

 

しかし広い!
東京ドームが23個入ってしまうほどの広さ111.5万平方メートルの敷地内(屋内面積55万平方メートル)に
デパート、ショップ、レストラン、カフェ、スパ、エンターテイメント施設など
約1,200店舗が出店しているそうです。

さぁ、ちょっとここで、私がお勧めする“ドバイに来たら、お土産はこれでしょう!”
というお土産を紹介します。

まずは、Patchi(パッチ)のチョコレート☆
豊富な種類と程よい甘みのチョコレート、そしてラッピングの豪華さと美しさにやられました。

d10  d11

 

そして、Bateel(バティール)のデーツ。
デーツとはナツメヤシの実。
食感が干し柿に似た、甘くて栄養価の高いスイーツ☆
初めて食べたんですが、美味しかったー!

d12  d13

 

では、次に 見慣れないアラビア文字の看板を紹介したいと思います。
・・・・・。にしても、まったく読めないですね。

d14  d15
d17  d16

 

何度も書きますが、しかし広い!
モールの中には、スケートリンクや、世界最大の屋内スキー場、キッザニアもありました。

d18  d19
d20  d21

多くの「世界一」が存在する急成長をとげている中東ドバイのスケールを
肌で感じる事ができました。   Paet3へ続く。

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

 

「平和堂オリジナルプラン」はこちら

 

その他の「旅するスタッフブログ」はこちら

 

「営業所のご案内」はこちら

 

「ご来店予約」はこちら

 

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

投稿店舗:ビバシティ平和堂営業所

女子旅ドバイ☆ パート1

2019年1月14日(月曜日)

楽しかったドバイ旅行の想い出を。
ドバイ空港に着いたら、まずホテルまでタクシーに乗りました。
皆様、海外でタクシーなんて無謀、危険では?って思ってませんか?!
このご時世100%はないですがドバイは安心です。
空港では、タクシー会社(ドバイタクシーのみ)が、限定されています。
また、女性だけのグループや女性を含んだファミリーの場合、一般的なオレンジのタクシーではなく
女性ドライバーが運転するピンクタクシー(レディスタクシー)に乗れます。

do1  do2

 

めざすは、もちろんバージュ・アル・アラブ前のビーチ(ジュメイラ公共ビーチ)!
テレビでもよく取り上げられているこのヨットの帆をデザインしてあるホテル。
マリンブルーの海と、綺麗な青空。左手にはずらりとお金持ちの邸宅。目の前は高級ホテル。
目の前で見れるなんて最高な気分でした。

do3  do4

 

緑がウォーキング・ジョギング用トラック、茶色が自転車用トラック。
ドバイさすがです。ここなら私もやる気でるかも~

do6  do5

 

こちらは、ジュメイラ(日本語で「美しい」という意味)モスク。
ドバイで最も大きく、美しいと言われているモスクです。
そしてこの写真のボックスは、教会の敷地内に置かれている、「古着専用リサイクルボックス」。
集まった古着を信徒さんがきれいに洗濯し、恵まれない人たちに差し上げるのだそうです。
こういうシステムがあるって本当に素敵な国です。

do7  do8

 

次に私たちは、「ドバイ博物館」に行きました。
建物は19世紀後半に建てられたアラブの伝統的な建物を改装し、
昔のドバイの街並みや遊牧民時代の暮らしを紹介していました。

do9  do10

 

そして私たちは川を挟んだ向こう岸にあるスークへ行くため、アブラという木造の船に乗りました。

do11  do12

 

20人も乗れば満席になる小さな船で、一応モーターは付いていますが、
ゆっく~りと運河を進む船でした。

do13  do14

 

さてさて到着。ドバイには3つの代表的なスークがあります。
アブラを降りると、すぐに木造のアーケード、「オールド・スーク」。
小さなお店がいっぱいで、ワクワク♫♪
民族衣装や、パシュミナのお店が数多くありました。

do16  do17

 

私は、アラブっぽい靴Getでさっそく履きました。
そして可愛い小物もたくさんGet☆

do18  do19

 

そして次は、オールド・スークの反対岸にある「スパイス・スーク」。
名前の通り、香辛料や調味料などのスパイス類を豊富に扱っているスークです。
写真撮り忘れましたー(笑)
そして最後「ゴールド・スーク」。
まずは、金の値段は毎日変動するので、レートをチェック!

do20

 

ショーウィンドウはゴールド一色。煌びやかです。

do21  do22

 

入口すぐのところには、ギネス認定の世界一大きいゴールドリング!
さっすが、なんでも世界一にこだわるドバイです。

do23  do24

では、次にドバイモールへ行きます。Part2へ続きますw

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

 

「平和堂オリジナルプラン」はこちら

 

その他の「旅するスタッフブログ」はこちら

 

「営業所のご案内」はこちら

 

「ご来店予約」はこちら

 

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

投稿店舗:ビバシティ平和堂営業所

女子旅☆ギリシャ旅行☆Part2

2019年1月7日(月曜日)

電車を乗り継いで、地下鉄「エヴァンゲリスモ駅」到着。
ネットに、迷子になったとかたくさん書き込みあったのでドキドキしてましたが、
迷子以前に階段、坂が辛かったです・・・

g17  g18

 

やっとケーブルカー乗り場に到着。頂上までも20分登れば行けるみたいですが、
ケーブルカーで2分で頂上(*^▽^*)!!

g19  g20

 

リカベトスの丘の展望台です!
アテネの町を一望の下、絶景が広がります。綺麗(*´∀`)ノ
さっきまでいたアクロポリスのパルテノン神殿が遠くに見えます。

g21  g22

 

そして今夜の夕食は、楽しみにしていたお店「タナシス(thanasis)」ε=ε=(ノ≧∇≦)ノ
地下鉄「モナスティラキ駅」からすぐの最も混み合っているお店です。
ネットの口コミを見て、ずーっと楽しみにしてたんです。

g23  g24

 

ポテト入っているのが、スブラキ(ギリシャ風の串焼き。焼き鳥と言うよりBBQに近い)
もう1つのが、ケバブ(トルコ料理)
待っている間には、肉の焼ける香ばしさに加えて炭火のいい香りがプゥ~ンっと。

お肉を焼きトマトや 玉ねぎのスライスと共に食べると美味しーい!
肉汁がたっぷり下にひいてあるナンに染み込んで美味しーい!
とにかく美味しい!!

g25  g26

 

おちゃめなで、ヒゲが印象的な店員さん。
そして、フレンドリーな店員さん達。

g27  g28

 

ギリシャへ行く機会があったら、是非是非行ってみてください!
日本にチェーン店できないかなぁ・・・
私、絶対リピーターになります!あーまた食べたい。

ホテルに戻ってからは、ホテル屋上へ。
パルテノン神殿が目の前に見えます!近くでみるより綺麗かも(笑

g29  g30

 

最後に、朝食バイキング。その中で、もっとも美味しかったのが、このギリシャヨーグルト!
絶品です(*´∀`*)
普通のヨーグルトより濃厚で、硬かったです。
そして、蜂蜜の甘さかとてもよく合う!!
私、3回もおかわりしました♪

g31  g32

では、次にドバイへと旅立ちます。ギリシャ(アテネ)また来るぞ~!

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

 

「平和堂オリジナルプラン」はこちら

 

その他の「旅するスタッフブログ」はこちら

 

「営業所のご案内」はこちら

 

「ご来店予約」はこちら

 

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

投稿店舗:ビバシティ平和堂営業所

12345