旅するスタッフブログ

大阪造幣局の桜の通り抜け2016

2016年4月18日(月曜日)

春と言えばやっぱり楽しみなのが「桜」です!
今年も「大阪造幣局の桜の通り抜け」へ行ってきました。

毎年、桜の開花にあわせて時期が変わります。
今年は4月8日(金)~14日(木)まで公開。平日10~21時・土日9~21時
嬉しいのが、133品種、349本もの桜が見れて見学無料!!
通り抜けるのにかかる時間は混み具合にもよりますが、約30分前後。
危険防止のため、通行時の日傘使用は禁止、タバコもペットも禁止です。

桜の通り抜けは、造幣局南門(天満橋側)から北門(桜宮橋側)への一方通行。

最寄り駅は「天満橋」駅又は「大阪城北詰」駅。
それぞれ駅から徒歩15分ぐらいです。

image image

 

入口からすぐの販売所付近にパンフレットが置いてありましたので、それを頼りに歩くとわかりやすいです。

zo2

 

「止まらないで歩いてください。」とアナウンスで急かされながら、撮影しました。

image image

 

緑色の桜があったり、薄いビンクの桜、濃いピンクの桜、花びらの枚数が50~60枚あるなど個性豊かな桜が次々と咲き始めていました。

image image

image image

 

造幣局では毎年今年の花を選んでいます。

今年は「牡丹(ぼたん)」
本数は3本。大島桜系の里桜で花はふっくらした牡丹の花を思わすような淡紅色の優雅な大輪で、花弁数は15枚ほどの桜。花の名前を花に付けるのもややこしいですよね~

image zo3

 

造幣局では珍しいしだれ桜です。
詩人・野口雨情の邸宅にあったことから名付けられています。

image image

 

造幣局内に設置されている看板。
造幣局とともに歩んできた桜とその桜の通り抜けの歴史が刻まれていました。

image image

 

咲き始めの桜、咲き誇る桜、散る桜。春を感じながら桜を堪能してみてはいかがでしょうか?

投稿店舗:ビバシティ平和堂営業所